fc2ブログ

山野草・薬草をひたすら食す!

道端に生えている草々。ただそこに当たり前のように生えている草の中には、人間にとってとても役立つものが沢山生えています。それらを積極的に摂取して健康になりましょう!(www.tsukushino.orgもご覧下さい。)

今年の作付け計画

畑


畑


平成20年4月15日撮影
私の畑。雑草の中にいろいろな植物が生えています。一番茂っているのは、カラスノエンドウです。これは大事な山草茶の材料なので抜いたりできません。したがって、我が物顔で人生を謳歌しております。

豆の実が太り始めたときに収穫します。あと半月ぐらいかかると思います。


ハヤトウリ


平成20年4月15日撮影
ハヤトウリの苗を仕立てようと、ポットに入れてみました。少々遅かったのでどうなるかちょっとわかりません。


ブラックベリー


平成20年4月15日撮影
ブラックベリーの株が邪魔だったので鉢植えにしてみました。結構この植物は丈夫で地面に着くとその部分から根をだします。従って挿し木も簡単でしかもトゲがなく、果実は真っ黒く完熟するととても甘いという優れものです。


チンゲンサイ


チンゲンサイ


平成20年4月15日撮影
チンゲンサイの苗です。これくらいのときに植え替えてやると株がけっこう大きくなります。栽培はとても簡単なのでみなさんもプランターなので種を蒔いてみてください。今でも蒔けます。


ブリーンピース


平成20年4月15日撮影
昨年の11月に蒔いたグリーンピースがこんなに大きくなりました。もう実がなっているものがあります。毎年場所を変えて植えるのですが、これだけはいつも大成功です。

今年植えているものを紹介します。
キクイモ、ツルニンジン、ホドイモ、ノビル、りんご、イチジク、フェイジョア、ブルーベリー、ハコベ、タンポポ、とうもろこし、ジャガイモ、アイコトマト、モロヘイヤ、クウシンサイ、チンゲンサイ、グリーンピース、ソラマメ、ハヤトウリ、ブラックベリー、ゴーヤ、どくだみ、ダリア(食用)、アサツキ。


キランソウ


平成20年4月15日撮影
キランソウ。これをてんぷらにして食べます。どこにでも生えています。


こごみ


こごみ


平成20年4月15日撮影
コゴミ。やっと芽が出ました。今年初めての採取です。生のままてんぷらか湯がいて酢味噌和え、油いためなどお試しください。味は無味です。


旬欄


平成20年4月15日撮影
シュンラン。この花は最近めっきり見なくなりました。みなが根を持ち帰り鉢植えで楽しんだりされているのでしょう。栽培も簡単なのですが、やはり野におけスミレ草ということで、山でみるのが一番美しいです。


どんぐり


平成20年4月15日撮影
ドングリがひそかにしかもしたたかに根を出して地面にもぐりこんでいます。大きな実はその栄養分となり、その中心から本葉がでて、やがて大きな木となる予定です。


絶景ポイント


豊平絶景ポイント


平成20年4月15日撮影
いつもの豊平の絶景ポイントからの景色です。今回向こうに見える竜頭山に山菜取りにでかけました。

キブシ


平成20年4月15日撮影
キブシ。結構長きにわたって咲く花で各所に見られます。茶花です。


ミツマタ


平成20年4月15日撮影
ミツマタ。これも各所に見られます。有名な和紙の材料です。


コシアブラ


平成20年4月15日撮影
コシアブラ。まだまだ芽が小さいのですが、多分一週間もすると収穫適期になります。私的にはタラの芽より香り高くおいしいと思うのですが。


今回採った山野草
タラの芽、コシアブラ、コゴミ、ワラビ、キランソウ、タンポポ、山桜の新芽、ヤブカンゾウ、岩がらみ新芽、ヨモギ。

スポンサーサイト



桜の季節

山の景色


山の景色


平成20年4月9日撮影。
山の景色。いつも行く芸北の山の景色。サラシナショウマがあると思っていったのですが、まだその気配さえありません。道路のある景色の側がグリーンに見えているのはヨメナです。まだ、短く最初の適期です。あまりのびたものより短いものの方が、香りも高く柔らかいです。ヨメナは春の有名な山菜で天ぷらにしてよし、おひたし・ゴマ和えなどその香りを十分楽しめます。キク科なので似たもの数種類をヨメナと呼んでよいということで、その辺りの区別はしないで私は採取しております。秋の花の色を見ると紫だったり白だったりするのですが、気にしないで採取して言いと思います。

ラッパスイセン


平成20年4月9日撮影。
今郊外を走るとこの黄色いラッパスイセンがあちこちに見られますが、写真のものは一重で私はこれが一番好きです。見ての通りとても繁殖力の強い植物で少々の事では枯れません。ただし、有毒植物なのでご注意を。

いのしし


平成20年4月9日撮影。
柵の中でとらわれの身となったイノシシお子供。最初は罠にかかったのかなと思って近づいてみたら餌を与えられており飼われているのが分かりました。ぬかるみの中を同じ所を右往左往しているようでそこだけが深くぬかるんでいました。かわいそうにきっと食べられます。でも、飼育されたイノシシは脂肪が多く味もよくありません。ちなみに私はイノシシ年です。

タンポポ


平成20年4月9日撮影。
農家に通じる道がタンポポの道になっています。もう少し春になるとこういう景色が結構見られるのですが、今の時期これだけタンポポが多量に咲いているのはまだ珍しいので撮ってみました。まだまだこれから花がどっと咲くので、この道は将来的に黄色く埋まる事でしょう。山奥はまだ寒くタンポポもやっと咲き始めたところです。

さくら


桜


桜


平成20年4月9日撮影。
この桜を撮る頃には、雨が降り始めていました。雨の中の桜もまた良いだろうという事で、撮りましたが、ここの桜は毎年ブログかなにかに掲載しています。千代田の国道261号沿いの江の川の土手に咲いています。その反対側のマンソウで山の帰りにいつも母と買い物に行きます。ご存知ですか?メリケン粉が一番安いのがマンソウです。その他もいろいろと安いのですが、当方お好み焼き屋を営んでいますので、とても助かっています。母は週に1回ここで買い物をするのが常です。もう5?6年通っておりますが、ここから見る大朝の山々はまた格別です。雲も空も雪も山も全てが清々しいです。

ヘビの話になりますが、2匹ほどシマヘビを見つけました。まだ、動作も鈍くいつもなら素早く逃げるのですが、そろりと草の中に入っていきます。この週の前の週(4月2日)、母の畑で畑仕事をしているときに、ゴミを堆積しているところにスコップが立てかけてあったので、耕すのに邪魔なのでそれをのけてびっくりです。マムシが紐を丸めたような形でだらりと寝ておりました。びっくりこいた私は、持っていたミツグワで弟の家の方に引っ掛けて投げようとしたのですが、焦っていたので3度目ぐらいでやっとミツグワにひっかかってどこかに飛んで行きました。冬眠から覚めつつあった状態なのか、動作も鈍くかかってくる様子もなくまるまったまま飛んで行きました。今年もマムシにだけに気を付けて山に入りたいと思います。

帰り道


景色


平成20年4月10日撮影。
これは次の日の景色です。桜が良いですね。

景色


景色


平成20年4月10日撮影。
太田川を横切っている時に撮りました。やはり霧がかかっており、また川の側のシダレザクラのあまりの美しさに橋の真ん中に車を止めて写真を撮りました。今年は気ぜわしく桜を満喫する事が出来ないままで居りますが、やはり目につくと写真にとっておこうと思います。はなり桜付きの日本人なんですね。

景色


景色


平成20年4月10日撮影。
これも毎年写真を撮っているはずです。ご存知の方も多い結構有名な場所だと思いますが、川の向こう側の山には安佐動物公園があります。こちら側の川に沿っては既に廃止になった加計線があります。

平成20年4月13日の日曜日、朝9時半頃庭においしそうなハコベが茂っていたので、お茶にしようと手で取っていたら小指がズきりと痛かったので、『あ、なにかに刺された!』と思い、吸って毒を出し爪で傷口辺りを押さえて、毒を出すようにしました。そのあと、ヨモギの葉があったので、それを唾液でつぶして患部に付けました。でも、痛みが止まらなくて頭のてっぺんまで痛みがはしりだしたので、これはいかんと思い、慌ててトイレに駆け込み、なんとなんと以前にもやったように、しっこをかけてしまいました。右手を刺されたので、右上半身にかるいしびれを覚えたり、心臓がばくばくしたり、ずきずき痛んでいましたが、まぁなんとかなるだろうということで、そのまま現在に至っております。
ただいま、午後5時です。患部は痛くないのですが、頭がずきっとしたりとか、ふらりとしたりとかちょっと怖い状態です。でも、なにに刺されたのか分からなかったんで、応急手当の後現場に戻り、注意しながら草を分けてみると、なんとアシナガバチが居りました。昨年、家を間借りさせ巣を作って何10匹のアシナガバチを優しく見守って私に、襲いかかるとは。。。まさに飼い犬に噛まれたような感じがしました。みなさんもご注意してください。庭仕事の際には軍手着用のことです。